模型のド素人が立体ディスプレイにあこがれるとこうなる

我が家のドラゴンボールフィギュア(マッスルビルド)たち。

ただ並んでるだけで、なんか地味だなー。

と言うわけで、表情のあるディスプレイをするために、ダイソーに行ってきました。

購入したのは、以下のアイテム。

小型の強力磁石。

スチールラック。

ラックに引っ掛けて使うL字型フック。

工作開始

足の裏に、接着剤で磁石をくっつけます。

ビジュアル面無視w

心得のある人なら穴を開けて中に磁石を埋め込むのでしょうが、壊すリスクの方が大きいので、やめておきました。

接着剤が渇くのを待って、ディスプレイ開始。

このように、L字型フックに乗せるようにして、悟空たちを並べていきます。

孫悟空。

少年悟飯。

ポーズは魔閃光を意識してます。

(可動の制約で、腕をクロスできなかった)

上から目線のフリーザ様。

背が高いく、ボリュームがあるセルさん。

磁石だけだと支えきれないので、実は、背中の羽を壁に引っ掛けてます。

純粋ブウ。

遠くから見るとこんな感じ。

下から見上げると、そこそこ迫力があって楽しいです。