BCCKSを利用して電子書籍を個人出版する手順(製作・本の設定編)

BCCKSを利用して電子書籍を個人出版する手順

  1. 登録
  2. 製作・本文
  3. 製作・表紙
  4. 製作・本の設定
  5. ストア配本
  6. ストア配本・BCCKS以外

 

 

本文、表紙が完成したので、最後に本の設定を決めます。

 

ジャンルを選択して、とあらすじを入力。

 

タイトルと著者名を入力。

出版社名はデフォルトだと「著者名+出版」になっています。

ぼくは必要ないので空欄にしました。

 

製本設定。

最初に設定している部分なので、変更がなければそのまま。

 

奥付設定。

設定を変えるのは、発行日くらいだと思います。

 

EPUB設定。

ストア配本する場合「EPUB目次」が設定されていないと、承認されない場合があります。

ここのチェックが外れていないか、確認しておきましょう。

 

電子書籍の動作チェック

ここまで制作した電子書籍のファイルは、EPUBファイルとしてDL出来ます。

 

DLしたファイルのアイコン。

アイコンのデザインは、環境で変わります。

 

ブラウザEggeでの表示確認。

 

目次機能。

 

目次をクリックすると、その章に遷移してくれました。

 

電子書籍を保存

右上の「確認」をクリック。

「保存」をクリック。

「本の設定」が保存されます。

 

左上の「保存/発行」をクリック。

 

今回は「保存のみ」で電子書籍のデータを保存します。

 

これで、電子書籍のデータは完成です。