ダンボールでガチャガチャを作ったよ

夏といえば、夏休み。

夏休みといえば、宿題。

夏休みの宿題といえば、自由工作。

ということで、家であまっていた(捨て忘れて放置していた)ダンボールを使って、なにか「夏休みの宿題っぽいもの」を作ってみようと思いました。

材料はこちら。

缶コーヒーの段ボール箱 。

アマゾンの段ボール箱 。

お茶のペットボトル(350ml)。

クリアファイル。

ビニールテープ。

布テープ。

どこのご家庭にも、さがせば転がっているだろう物ばかりです。

(段ボール箱なら、近所のスーパーやドラッグストアでもらえたりします)

本体になる缶コーヒーの空き箱を一旦バラします。

あとで組み直しやすいように丁寧に。

上部を大胆にくり抜きます。

中ほどに、ペットボトルのフタ部分を通せる、小さい穴を開けます。

下部にも口を開けて、空き箱パートは一旦終了。

続いて、ダンボールで細かいパーツを作っていきます。

ペットボトルが収まる小さい箱を作ります。

底の部分には、カプセルが通る口も明けておきます。

ペットボトルをカッターで切ります。

今回の工作で、1番危険なパートだと思います。

ケガに注意して、慎重に。

補強と安全のために、テープ。

パーツが揃ったので、組み合わせていきます。

クリアファイルを、上部の窓に合わせてカット。

クリアファイルを後ろから貼り付けます。

ペットボトルの支え用の箱をセット。

ペットボトルをセットした後、ダンボール板で坂を作ります。

左右に壁を作って、明後日の方向に転がっていかないようにします。

本体下部の出口をセット。

ペットボトルをセット。

最後に、本体の各所をガムテープでキッチリしめます。

多分、出来上がり。

実際に遊んでみた。

ペットボトルを回すと……

ちゃんと、1個だけ転がってきてくれました。

これで、毎日ガチャガチャし放題だ!

ちなみに300円以上の大きいサイズのカプセルだと、ペットボトルに落ちてくれないので、カプセルは100~200円のサイズを使いましょう。