エブリスタに新作短編【ドラゴンのおせわ】を投稿したよ!

普段、ぼくが書くお話は児童向け志向という事もあって現代ものが多いのですが、ファンタジージャンルも大好きです。

はじめて自分で読んだ活字作品も「スレイヤーズ」シリーズだし。

 

雪深い山奥でドラゴンの世話をする少女の物語。

 

今作は、「ファンタジーといえばドラゴン」「ドラゴンといえば……」と、ファンタジーの王道路線を、ほぼストレートに書きました。

わずか1000文字の掌編なので、1分くらいで読めると思います。